言語聴覚士とは

言語聴覚士は、摂食・嚥下障害をお持ちの方やことばによるコミュニケーションが難しい方に対し、専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。

脳血管障害などにより嚥下障害や失語症、高次脳機能障害が生じた場合、言語聴覚士はこのような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行います。当院では、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、ケアマネージャー、ソーシャルワーカー等と連携し、チームアプローチを行っています。 飲み込みやコミュニケーションの面から豊かな生活が送れるようお手伝いをさせていただきます。

 

摂食・嚥下障害

食べ物を噛んだり、うまく飲み込むことができない状態を「摂食・嚥下障害」といいます。認知症など認知機能の低下により食事が進まない場合や、脳血管障害などにより口や舌の麻痺が起こりうまく飲み込みが出来なくなることがあります。また、舌癌などの腫瘍、進行性変性疾患などのご病気などが原因で起こる場合もあります。

さとみ歯科医院では、食事がうまく食べられない方や、胃瘻を増設された方・マーゲンチューブにより栄養摂取をされている方に対し、必要に応じて病院と連携して嚥下造影検査も行っております。

まずはお電話にてご相談下さい。

 

言語障害

言語機能の障害には、“ことばが出てこない、意味がわからない”といった「失語症」があります。主に脳血管障害により起こります。ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係しているため、記憶や注意、認知などが障害される「高次脳機能障害」も直接的、間接的に言語機能に影響します。いずれも脳の言語機能・高次の認知機能の障害によっておこり、円滑なコミュニケーションや学習、仕事の遂行などに影響を及ぼします。

 

 

リハビリテーション

当院では、摂食・嚥下障害や言語障害をお持ちの方を対象にリハビリテーションを行います。院内にある言語聴覚室での外来リハビリ、ご自宅や施設にお伺いする訪問リハビリなどは、摂食機能療法、言語聴覚療法により保険の適応となります。

費用・頻度についてはご相談ください。

群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」 許諾28-100579

V0l.13 N0.4 2016

言語聴覚研究 レポート

「現場最前線」歯科診療所における言語聴覚療法 p.291-293

当院の取り組みについて報告致しました。

    

休 
午後 休  休  休  休 

〒379-2122 

群馬県前橋市駒形町 161-1

 

TEL 027-289-8148

FAX 027-289-8149

 

お気軽にお問合せ下さい!

mail

info@satomisika.com

 

 今日からはじめる口腔ケア 著者である、歯科衛生士、山田あつみ先生の院内研修会を行いました。また口腔ケアの実践的な講習も受けました。